Categories:

1月に息子が入学予定の、国際バカロレア校の4〜6年生の授業は、iPadを使って行われるため、

息子専用のiPad Proを購入し、授業に必要なアプリ(学校独自のアプリ、教科書系、宿題系、オフィス系)

など、53個のアプリをインストールしました。

無数にある教育系アプリの中から、学校が選んだアプリのことだけあり、

何十年も変わらない教科書とは違い、とても理解し易そうで、

子供が興味を持って勉強に取り組んでくれそうな、アプリがたくさんありました。

【ダウンロードしたアプリ】

1, Google Chrome

2, Google Photos

3, Google Drive

4, Gmail

5, Docs

6, Sheets

7, Slides

8, Google Keep

9, Google Meet

10, Google Calendar

11, Translate

12, Popplet

13, Notability

14, Book Creator

15, algodoo

16, Pic EDU

17, My.CIS

18, Arts & Culture

19, Seesaw

20, YT Kids

21, NWEA Testing

22, BrainPOP

23, BrainPOP Jr.

24, Khan Academy

25, Number Pieces

26, Fractions

27, Number Line

28, Geoboard

29, Math Clock

30, NumberFrames

31, Number Rack

32, Pattern shapes

33, Money Pieces

34, Math Vocab

35, Lens

36, The Calculator

37, Sketchbook

38, Canva

39, Stop Motion

40, Padlet

41, Destiny Read

42, AR makr

43, RealityComposer

44, Kids A-Z

45, Playgrounds

46, Metronome M1

47, Tuner T1

48, Newsela

49, Epic!

50, micro:bit

51, SPIKE

52, WeDo 2.0

53, Tynker

息子が入学する国際バカロレア校の授業で必要なハードウェア(4年生)は、iPad、Pencil、キーボード、イヤホンです。
4年から6年生まで、息子が3年間、学校で使う教材。
Pencilの学校指定はありませんでしたが、Apple Pencilを買いました。
キーボードは学校推奨のlogitech製 SLIM FOLIO PROを買いました。
息子が初めてのインターナショナル校でもスムーズに授業が受けられる様、できるだけ学校指定の物を購入しました。

授業に必要なアプリ53個をインストールしました。

理解し易そうで、子供が興味を持って勉強してくれそうなアプリがたくさんありました。
これから息子が国際バカロレアの授業を受け、どのような大人になるのか、息子の成長が楽しみです。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。